FC2ブログ
初心者でも稼げるネットビジネス活用法 ホーム »2016年06月
2016年06月の記事一覧

バナー広告を貼るだけで稼ぐ方法  

    このエントリーをはてなブックマークに追加
    バナー広告貼るだけ案件は稼げるのか?

    通常アフィリエイトの報酬は成果報酬です。

    リンクさせたバナー広告やテキストから商品を購入したり申込みをしたりすることで報酬が発生するものや、訪問ユーザーがクリックすることで報酬が発生したりするものです。

    この場合は、サイトへ訪問したユーザーに何らかのアクションを起こしてもらわなくては報酬が発生しません。


    でも、ここ数年はASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)各社でバナー広告を張るだけで報酬が発生するサービスが増えてきています。


    この場合には、訪問ユーザーには何のアクションも起こしてもらわなくても報酬が発生しますから、自分でバナー広告を貼り付ける作業をした分だけ報酬が確実に発生します。


    勿論、バナー広告から商品購入や申込みなどが成立すれば通常の報酬も発生しますから、貼るだけ案件だけを選択してアフィリエイトで稼ぐ手法も効率的で良い方法なのかもしれません。






    A8.netで広告貼るだけ案件の探し方

    先ず、A8.netトップ画面の「プログラム検索」タブへカーソルを合わせ、「プログラム検索」をクリックします。
    バナー1


    次に画面中段の「フリーワード検索」の欄へ「初掲載」と入力し、下段の方の「条件で絞込み」「キャンペーンプログラム」をチェックします。
    バナー2


    最下段の「検索」ボタンをクリックすれば、貼るだけで報酬が発生する案件が出てきます。
    バナー3
    では、どんな内容の広告があるのかと言うと、







    このような感じの企業広告があります。

    さすがにトップやサイドバーへは私のサイトのコンセプトと合わないので掲載は難しいですが、こういう稼ぎ方があることを紹介しながら報酬が発生するのであればと思って、バナーも貼り付けてみました。。
    広告貼るだけ案件でいくら稼げる?

    他のASPと比較するとA8.netの広告貼るだけ案件数は豊富なほうだと思います。

    報酬単価は50円~100円程度で、初回掲載のみ報酬発生の対象となります。

    貼るだけで報酬が発生する広告はキャンペーン期間内有効となりますので、期限をしっかりチェックしておくことがポイントです。

    案件の数は月によってバラつきがありますが、恐らく月間で稼げる金額は1サイトで300円~500円程度だと思います。
    したがって、年間では4800円前後の稼ぎになるのではないかと考えられます。

    あまり大きな金額にはなりませんが、貼るだけで4800円なら割に合った稼ぎ方ではないかと思うのですがどうでしょうか?


    --------------------------------------------------------------------------------


    以上、『バナー広告を貼るだけで稼ぐ方法』を紹介しました。

    興味ある方は、初心者でもアフィリエイトが簡単に始められるA8.netで試してみて下さい。



    A8.netの登録はこちら↓



    このエントリーをはてなブックマークに追加
    スポンサーサイト



    category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

    thread: アフリエイト初心者

    janre: アフィリエイト

    tb: --   cm: 0

    高単価報酬で稼げるアフィリエイトのジャンルとは?  

      このエントリーをはてなブックマークに追加
      高単価のアフィリ広告で稼げるのか?

      アフィリエイト初心者には報酬額の高いアフィリ広告を並べたがる傾向があることを、『売れ筋のアフィリ広告を選ぶコツ』でもお伝えしました。

      しかし高報酬の広告は、商品の価格がそれなりに高価であったり、長期間の契約が必要であったりするからこそ私達アフィリエイターにも高額報酬が支払われると言うことをしっかり理解しなくてはいけません。

      ネットで高価な商品の購入或いは長期間の契約などを促しても、ユーザーは簡単に決断してはくれません。

      つまり、報酬額が高い広告ほどアフィリエイターにとって成果に繋がるハードルも高くなるわけで、初心者が安易に高額報酬の広告をサイトに並べても成功する可能性は極めて低いのです。


      でも、ハードルが高いからと言って、報酬額が高い広告へ誰も手を出さないかと言うと、勿論そんな事はありません。

      しっかり実績を挙げて、大きく稼いでいるアフィリエイターは大勢います。


      では、高単価アフィリエイトの商品とはどのような種類があるのでしょうか?そしてどのような商品が成果を出しやすいのでしょうか?






      高単価のアフィリ広告で稼ぐコツ


      アフィリエイトで稼ぐノウハウと商品知識は前提

      単価が高いアフィリ広告にも色々種類があります。
      たとえ、高額報酬のアフィリ広告だとしても、アフィリエイトで稼ぐノウハウと選択した広告の商品知識が豊富であれば、それなりの成果は見込めるはずです。

      これは報酬単価が低いアフィリ広告だとしても同じことで、稼ぐノウハウと商品知識が全くゼロならば成果を出すことは難しいのです。

      単価が高いアフィリ広告の方が低いアフィリ広告よりも、習得すべきノウハウや商品知識のハードルが高いと言うだけのことなのです。

      ※アフィリエイトのノウハウは『アフィリエイトの稼ぎ方まとめ』数多く紹介していますので参考にして下さい。

      しかし、ASPに掲載されている全ての商品知識を頭に叩き込むことは不可能です。

      したがって、今までの自分の経験を生かせる商品や、比較的成果に繋げやすいジャンルを選択することがポイントとなるのです。





      サービスを売る商品は成果を出しやすい

      高額な物販で成果を出すことはアフィリエイトで最もハードルが高いと言えるでしょう。

      しかし、高単価報酬のアフィリ広告でも比較的成果を出しやすいものがあります。

      それは、何らかのサービスを提供する内容のアフィリ広告です。

      ・就職、転職、求人

      ・キャッシング、消費者金融、

      ・クレジットカード、ローンカード

      ・保険相談、資料請求

      ・生命保険、がん保険、自動車保険

      ・出会い系、結婚相談

      ・FX、株式の口座開設

      ・レンタルサーバー

      ・プロバイダー

      ・インターネット回線

      ・英語教材、その他教育教材

      ・情報商材


      国内最大級のASPで私が一押しのA8.netでは、サービス系の高単価報酬の広告が数多くあります。





      今、需要の高いジャンルを分析する

      もしこれらのサービス系商品の内、どれか一つ商品知識が元々豊富であるなら、迷わずそのジャンルを選択することをおすすめします。

      しかし、どれも特別知識が豊富ではないと言うのであれば、需要の高いジャンルを選択することがポイントです。

      例えば、今まで長く続いた不況下では人材系や融資などを行う金融系の商品は需要が高くなります。
      また、景気に好転の兆しが見え始めた今後は、証券や外国為替なども需要増が見込めます。

      特別知識が高いわけではないが、自分でも利用の経験があると言うものでは、転職・就職サイトや自動車保険やインターネット回線・プロバイダーなどではないでしょうか。

      多くの人が利用経験がある商品=需要が高い商品です。

      自身の利用経験を生かして商品広告を紹介することも可能になってきます。

      このように少しでも成果に繋げやすいジャンルを選択することは、とても重要なポイントになってくるのです。


      --------------------------------------------------------------------------------


      以上、『高単価報酬で稼げるアフィリエイトのジャンルとは?』を紹介しました。

      アフィリエイトは報酬単価の高低だけでは、広告の良し悪しを決めることはできません。

      報酬単価100円の商品を100個売る手法でも、報酬単価10,000円の商品を1個売る手法でもしっかりと成果を挙げているアフィリエイターはいますし、逆に失敗しているアフィリエイターもいます。

      問題は選択した商品の知識を高め、商品にマッチするサイト構築ができているかです。

      先ずは単純な「報酬が小さいから稼げない」「報酬が大きいから稼げる」と言う発想は捨てるべきです。
      このエントリーをはてなブックマークに追加

      category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

      thread: アフリエイト初心者

      janre: アフィリエイト

      tb: --   cm: 0

      アフィリエイトで稼ぐなら広告掲載は最小限に  

        このエントリーをはてなブックマークに追加
        WEB広告は多くの人が邪魔だと感じている

        アフィリエイト初心者などの傾向として、ついつい必要以上に多くの広告を掲載してしまうことが挙げられます。

        「沢山の広告を貼っておけば、どれか購入してくれるだろう!」
        「広告の数が多い方が成約の可能性も高くなるだろう!」


        と、ブログを訪問するユーザーのことはあまり考えずに、安易に自分の利益だけを考えてしまうわけです。


        あなたも広告だらけのブログを目にしたことがあるのではないでしょうか?

        このようなブログはコンセプトがわかり難く、何を伝えようとしているのか理解できないものが殆どです。


        ネットユーザーの多くはサイトやブログへ掲載されているWEB広告を「邪魔」と思っているようです。

        なぜかと言うと、ネットユーザーは何らかの目的があり、何らかの有益な情報が欲しくてサイトやブログを訪問するわけですから、目的以外のものは「邪魔」なものと感じてしまうのです。

        先ず、ブログを利用してアフィリエイトで稼ぐなら、訪問してくれたユーザーは広告を探しにアクセスしたわけではないと言うことを理解しなくてはいけないのです。


        アフィリエイト広告は利益に直接繋がるツールではありますが、ブログを活用してアフィリエイトで稼ぐには、どのようなコンセプトのブログで、どのような情報発信をしているのかを明確にしなくてはいけません。

        更に、発信している情報が訪問したユーザーに有益なものでなくてはいけませんし、解りやすいものである必要があります。


        したがって、1ページに掲載する広告はできるだけ少なくし、訪問したユーザーが求めるものが探しやすいようなブログ構成にすることが、結果的には稼ぐコツであると言えます。






        適正な広告の掲載量とはどの程度か?

        WEB広告がネットユーザーから敬遠されると言っても、アフィリエイトで稼ぐには広告の掲載をゼロにしてしまえば、当然利益が発生しません。

        意味もなくアフィリ広告を沢山掲載するのではなく、適正な量で掲載することがポイントとなります。

        では、どの程度の量が適正なのでしょうか?


        先ず、トップページの広告掲載量はYahooのようなポータルサイトを参考にすると良いでしょう。
        Yahooを見てみると、掲載している広告はインパクトがあるのですが、サイト全体の構成を見ると広告の占める割合はかなり少なめです。

        やはりYahooの利用者も広告を見るためにアクセスしているわけではないのですから、サイトのコンセプトを重視して、広告は効果の高い位置へ最小限に抑えながら掲載しているのです。


        次に個別ページについてですが、この場合は各記事は良質なコンテンツでなければいけません。

        良質なコンテンツを作成しようとするのであれば、1記事1テーマが基本となります。

        となると、1テーマに関連するアフィリ広告限られてきますし、時にはテーマに関連するアフィリ広告が無い場合もあるでしょう。

        ポイントは無理に広告を掲載しようとせず、伝えようとしていることを重視した、バランスの良い構成を心がけることです。


        このように大手企業の人気サイトやアフィリエイターの人気ブログなどを参考にすることで、どの程度の広告掲載量が適正かが見えてきます。

        特に大手企業のサイトは、その業界のプロが様々な検証結果を基に最も効果的な作り方をしていますので、どのサイトもほぼ同じような割合で構成されていることに気付くはずです。

        先ずは、訪問ユーザーから自分のサイト、ブログに対し満足してもらうことを第一に考えなくてはいけないのです。
        このエントリーをはてなブックマークに追加

        category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

        thread: アフリエイト初心者

        janre: アフィリエイト

        tb: --   cm: 0

        アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン  

          このエントリーをはてなブックマークに追加
          成功者を真似しているつもりが実は間違いだらけ

          ネットビジネスと聞いて真っ先にアフィリエイトを思い浮かべる人は少なくないと思います。

          それだけアフィリエイトはポピュラーな稼ぎ方で有り、認知度が高い稼ぎ方なのでしょう。

          しかし、これだけ多くの人に浸透しているアフィリエイトですが、いざチャレンジしてみて実際に稼いでいる人の割合は、経験者全体の1割程度に過ぎません。

          有料・無料の情報商材でノウハウを入手したり、アフィリエイト関連のノウハウ本を入手したりして学んで見ても、なかなか成功者と同様の稼ぎが得られないの事が多いのです。


          確かに「ネットの稼ぎ方」に関しての情報には、詐欺まがいの悪質なものもありますから、真似してみても成果が見込めないものもあります。

          でも、全てがそうではありません。
          まともな情報提供をしている人達も大勢いますし、私自身、多くの有益な情報を参考にしながら今のビジネススタイルを作り上げてきました。(有益でないものにも沢山お目にかかりましたが、、)


          成功者の情報を参考にして真似すれば、100%同じような稼ぎを得られるとは限りません。
          しかし、少なくとも何らかの成果は見込めますし、知識が蓄積されていくにしたがって自分なりの稼ぐノウハウも生まれてくるはずです。


          では、なぜ入手した情報を参考にしても、ネットで稼ぐ事ができない人がいるのか?

          実は失敗している人の多くは、真似しているつもりが全く逆のやり方で稼ごうとしている事が多いのです。


          全体的に何となく真似しているのでは同じようには稼げませんし、根本が少しズレただけで後に大きな違いに繋がってしまいます。

          やはり、基本であればあるほど成功者の稼ぎ方から逸脱していないかを細かく検証する必要があるのです。

          そして、相違点が発見されたら素早く修正することが求められます。


          そこで、今回はアフィリエイトで失敗している人達によく見られるパターンを幾つか紹介していきたいと思います。






          アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン


          人気のないサイト・ブログを量産しても時間の無駄

          アフィリエイトで稼ぐにはサイトやブログやメルマガなどの媒体を活用するのが一般的です。

          特に多いのはブログです。
          ブログサービスは無料で利用できますし、構築が初心者でも比較的簡単にできます。
          簡単にできる分、数で勝負しようと殆ど集客ができていないブログの量産に時間を費やす人が多くいます。

          しかし、これは時間の無駄です。
          人気のないブログを量産しても成果は見込めません。
          質の高い記事を作成し、有効なSEO対策で検索上位表示させることができるようになって初めてアフィリエイトの成果が現れます。

          単純な量産型では稼げないのです。





          不自然にバナー広告が目立ちすぎ

          アフィリエイトで成果を出すにはバナー広告やテキストリンクをクリックしてもらい、成約に繋げなくてはいけません。

          アフィリエイトで失敗している人に多く見られるのが、バナー広告を兎に角目立つように貼り付けたり、無闇に数多く貼り付けてバナー広告だらけのサイトにしてしまっていることです。

          サイトやブログへ訪問するユーザーはバナー広告を見に来ているわけではありません。
          何らかの有益な情報を欲してきているのです。
          手にした情報に納得して必要であればアフィリエイト広告の情報も入手しようとするわけですから、のっけから稼ぐことだけを目的に意味なくバナー広告を貼り付けることは厳禁です。





          ライバルの多いジャンルを狙いすぎている

          例えば、ダイエットや生命保険と言ったジャンルは多くの人が興味を示しますし、アフィリエイトでは高単価の報酬が期待できます。

          要するにアフィリエイターの中では人気ジャンルなわけです。
          しかし、単純に「多くの人が興味を示すだろう・必要とするだろう」と言う理由だけでジャンルを選択してもユーザーが勝手にあなたのサイトを訪れるようなことはありません。

          ジャンル選択の前に媒体(サイトやブログ)の構築が必要ですし、紹介する広告の中身をよく知る必要があります。

          集客のノウハウと紹介記事の書き方がわかれば、色々なアフィリエイト広告で稼ぐことができます。
          その時に初めて人気ジャンルで勝負するのか、逆に不人気のジャンルを独占するのか戦略が見えてくるのです。





          サイト・ブログテーマの重要性を無視している

          メインテーマや記事テーマは検索エンジンから認識してもらう為にとても重要になります。

          あなたがどんなジャンルのアフィリエイトで稼ぐのか、どんなユーザーに訪問してもらいたいのかで最適なテーマは異なってきます。

          WEB検索で人気のあるキーワードを全く無視して、誰も検索で使わないニッチなテーマでは多くのユーザーを集客することはできないのです。





          広告の商品を不自然に誉めすぎている

          掲載するバナー広告から成約に至れば報酬が発生しますから、そのような行動を促す気持ちはわかるのですが、全てにおいて良い事ばかり記事にしても信憑性に掛けますし、裏心が丸見えになってしまいます。

          時に幾つかの商品を比較する記事内容も必要ですし、メリットばかりではなくデメリットも情報提供してこそ運営サイトの信頼が高まるのです。





          ターゲットが不明確で専門性に欠けている

          ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)へ登録すると、様々な企業が広告を掲載しています。
          キャンペーン期間中などはアフィリエイターにも色々な特典が付いたり、魅力的なものも多いです。

          しかし、紹介する広告のジャンルを絞り込まなければサイトへ訪問してくれるユーザーのターゲットも絞り込めません。

          WEB検索してサイトやブログへアクセスしてくるユーザーは特定の情報を探しに、より専門性の高い場所を求めてくるのです。
          専門性、情報量、信憑性などに満足したユーザーはリピーターになる可能性も高まります。

          あなたが何を情報発信したいのか、誰に見てもらいたいのかを明確にすることは最も大切なことです。


          --------------------------------------------------------------------------------


          以上、『アフィリエイト失敗でよくある6つのパターン』を紹介しました。

          もしあなたがアフィリエイトで上手に稼げていないのなら、どれか該当する項目があるかもしれません。

          客観的に自分の取り組みをチェックすることは常に必要です。
          このエントリーをはてなブックマークに追加

          category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

          thread: アフリエイト初心者

          janre: アフィリエイト

          tb: --   cm: 0

          良い部分だけを記事にしない  

            このエントリーをはてなブックマークに追加
            アフィリエイターは紹介者

            私のブログではアフィリエイターとして成功する為の方法や、他のネットビジネスでの稼ぎ方などを多く紹介しています。

            逆に、稼げない人の原因についても色々と紹介してきました。

            「稼げない人」については、大きく分けると「大きく稼げない人・安定して稼げない人」「全く稼げない人」の二つに分かれます。

            双方とも稼げない理由は色々考えられるわけですが、「全く稼げない人」については概ね根本的な違いに気づかずにネットビジネスを続けていることが多いようです。


            例えば、アフィリエイトで「全く稼げない人」の多くに見られる傾向として、記事作成の根本的な違いがあります。

            勿論、文章力の差も稼ぎの違いには影響してくるのですが、基本をしっかり理解しアフィリエイトのノウハウを習得していれば、文章作成がよっぽど下手(意味不明なくらいに)でない限り全く稼げないと言う事はありません。


            では、記事作成において「全く稼げない人」の根本的な違いとは何なのか?


            それは、紹介者としての記事作成をしているのか、或いは販売者としての記事作成をしているのかと言う違いです。

            私達アフィリエイターは様々な広告を詳細に紹介する紹介者であって、商品の開発者でもなければ販売者でもないのです。






            友人へ紹介するつもりで記事を書く

            例えば、あなたが自分で使ってみて良い商品を友達へ勧めるとしたら、どんな伝え方をしますか?

            恐らく、同タイプの商品などと比較してどこが良いのか、或いは、100%満足できるスペックではなくても値段が同等スペックの商品と比較した時のお得感はどうなのか、など親切にメリット・デメリットを教えてあげるのではないでしょうか。

            そして商品の購入自体は友達の判断に任せ、無理に購入を迫るようなことはしないのではないでしょうか?


            一方、販売者の方であれば少し大げさに感じるくらいのメリットを並べ、何が何でも購入を迫るわけですが、在庫を抱えて管理している分、多少強引に購入を迫れるような権限も持っています。

            それは、値下げしたり、付属品などをプレゼントしたりすることです。


            紹介者であるアフィリエイターであっても販売者であっても、ユーザーが商品の購入を決断してくれればどちらも利益が発生します。

            しかし、その利益が紹介手数料であることと販売代金であることの違いを理解する事はとても大切なのです。


            紹介者であるにも拘らず、ユーザーにとって値引きやプレゼントのメリットもないのに「今買わなければ絶対に損」「必ず買って下さい」と言うような強引なニュアンスの記事を掲載しては、読者はやはり引いてしまいます。

            読者は強引な勧誘を求めてサイト訪問をしたわけではなく、メリットある情報を求めてサイト訪問しているのです。


            私達は紹介者である事を十分に理解して、読者へ有益な情報提供をしなくてはいけません。
            有益な情報とは商品の良い部分ばかりではなく、悪い部分も含めたものです。
            時に同タイプの商品と比較して性能を解説したり、スコアで解りやすく評価しランキング形式にしたりする事で、読者からの信頼は厚くなりますし、リピーターとなってあなたのサイトから再度購入する可能性も高まります。


            また、サイトへ集客するターゲットの立場になった記事作りも大切です。

            主婦層がターゲットなら主婦の立場で、学生がターゲットなら学生の立場で、と言うようにターゲットとなる層が欲しいであろう情報を想定して提供しなくてはいけません。

            このように、「アフィリエイター=紹介者=情報提供者」である事を記事作りの根底に置きましょう。
            このエントリーをはてなブックマークに追加

            category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

            thread: アフリエイト初心者

            janre: アフィリエイト

            tb: --   cm: 0

            アフィリエイトサイトは得意分野で作る  

              このエントリーをはてなブックマークに追加
              知識なくして良質のコンテンツは作れない

              アフィリエイトサイトの構築は、掲載する広告に対して質の高いレビューや専門性の高い商品知識が必要となります。

              サイトへ訪問したユーザーに対し、広告商品の購入を促すわけですから、情報量が乏しいサイトではユーザーは決断できないのです。

              したがって、アフィリエイト初心者がアフィリエイトサイトを構築する際には、今までに仕事や趣味で携わったことのあるジャンルの商材を選択することがベストです。

              また、物販アフィリエイトでは自身で購入し利用経験がある商品などの広告を掲載する事でも、質の高いレビューが作成できると思います。


              勿論、有益な情報をユーザーへ提供し続けるには更に知識を蓄積して、専門性の高い記事を作成していく必要があるのですが、初めてアフィリエイトサイトを作成する段階で、全く関わったことのないジャンルを選択するよりは、多少なりとも知識のあるジャンルの方が記事作成はスムーズに進むはずです。


              専門性が高く情報量の多い記事はユーザーからも良質の記事として認識されますし、検索エンジンからも良質のコンテンツとして認識されるのです。






              知らないジャンルのアフィリエイトサイトの作り方

              アフィリエイトの稼ぎを増やす為に効果的な方法の一つが、複数のサイトを運営する事です。

              しかし、今までの知識を活かせるジャンルもサイトの数が増えるとネタ切れになってしまいます。
              また、より高額の報酬が得られるジャンルやユーザーの需要が高いジャンルを追及していくと、やはり全く知識を持ち合わせていないジャンルに行き着くこともあります。

              こんな時にはやはり一から勉強するしかありません。
              専門的な書籍を購入して知識を蓄積したり、インターネットで専門用語や関連する商材などを調べて勉強するしかないのです。

              そして、勉強しながら蓄えた知識を活かし幾つか記事を作成してみましょう。

              初めてのジャンルでアフィリエイトサイトを作る場合は、とにかく数記事作成してから、サイト内のカテゴリを構成していった方が比較的スムーズに進みます。

              このような全く初めてのジャンルでも、アフィリエイトサイトの構築を経験し更に成果を挙げられれば、アフィリエイターとしての力量は既に中級者以上のレベルに達していると判断して良いでしょう。


              --------------------------------------------------------------------------------


              以上、『アフィリエイトサイトは得意分野で作る』を紹介しました。

              先ずは自分の得意分野でアフィリエイトへ挑戦し、ノウハウの習得や成功体験を経験してみて下さい。
              そうすれば、記事を作成する為の情報収集の仕方や魅力的な記事作りの方法が身に付いてきます。

              この成功体験を基にすれば、例え新たなジャンルへの挑戦でも成功へ導ける可能性は極めて高いものになるはずです。
              このエントリーをはてなブックマークに追加

              category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

              thread: アフリエイト初心者

              janre: アフィリエイト

              tb: --   cm: 0

              徹底的な導線構築が儲けるカギ  

                このエントリーをはてなブックマークに追加
                訪問者をどこへ導きたいのか明確にする

                アフィリエイトでサイトやブログを活用した場合、多くの人からアクセスしてもらう為に検索上位表示させるSEO対策と、訪問ユーザーを収益に繋がる場所へ誘導する導線構築がとても重要になります。

                ※SEO対策については『WEBサービス・SEO関連まとめ』を参考にして下さい。

                この2つの重要項目はWEBサイトを取り巻く構造の内外部へ非常に大きな影響を与えます。
                特に今回の記事で紹介する導線構築については、インターネットの構造に与える影響以外にも、外観的なサイトの見た目や人間の心理に与える影響がとても重要となるのです。

                導線を意識したことでサイトのデザインを損なったり、或は無理な誘導を試みた結果、不自然な記事になってしまったり強引な記事になってしまったりすることが少なくありません。

                このような失敗をしてしまうアフィリエイターは、訪問ユーザーを誘導しようとしている場所が明確に示されていなかったり、売上の向上ばかりに目が行き誘導場所が複数存在しすぎてマイナスの効果を生み出していたりすることが多いのです。


                私達アフィリエイターが訪問ユーザーを最終的に導きたい場所は利益に直結する場所です。


                当然、利益を生み出す場所が沢山あることにこしたことはないのですが、お金を生み出す場所をそんなに簡単に多く作れるものではありませんし、欲張りすぎて多く作った結果、訪問ユーザーを迷路のようなわかり難い道へ引き込んでしまい、混乱を招いてしまうのでは本末転倒です。

                先ずは、しっかり利益確定できる誘導場所を定め、徹底的にその場所へ集中させるべく導線を構築していくことがアフィリエイトの成功を引き寄せてくれるのです。






                自然な誘導を促す目印を設置する

                サイトのトップページや個別記事を開いた時に、訪問ユーザー自身が「今どの場所に居て、次に行きたい場所へはどのようにすれば行けるのか?」を明確にしてあげることが大切です。

                その際、訪問ユーザーがサイト内で迷わない為に、パッと見でわかる目印となるリンクを設置することで問題を解決してくれます。


                1、サイトのロゴへトップページのリンクを設置する

                2、ページの上部へ戻れるリンクを設置する

                3、パンくずリストを設置する

                4、関連あるページの一覧(まとめページ)を作成しリンクを設置する

                5、検索窓を設置する

                6、個別記事へ関連記事のリンクを設置する

                7、個別記事下部へトップページのリンクを設置する

                これらのリンクや検索窓の設置はやり方を調べれば初心者でも比較的簡単にできますし、ブログサービスでは標準装備されているものも多くあります。

                一つ注意してもらいたいのは、サイトのデザイン性やユーザーの利便性を十分に考慮して設置してもらいたいと言うことです。

                リンクが多すぎて複雑になることだけは避けましょう。






                魅力的な言葉が最も有効な導線となる

                リンクの設置などは設置方法さえマスターすれば誰でもできる作業です。
                私達が普段利用する道路に当たり前のようにある親切な道路標識のようなものなのです。

                しかし、道路標識を辿って道を進む場合は概ね目的地が事前に決定しているはずです。

                訪問ユーザーからあなたが望む誘導場所を目的地として決定してもらうには、道路標識だけでなく、目的地が魅力的であるアピールをすることが必要になるのです。

                「どんなところが魅力的で、目的地を訪問することでどのようなメリットが存在するのか」と言うことを念頭に説得力あるアピールが大きな効果を発揮します。

                サイト内を回遊中に元々関心がなかったものに対して興味を示すようになったり、既に興味津々な事柄に更に強い関心を抱いたりするようになる時は、やはり人間の言葉がきっかけとなることが多いです。

                つまり、私達の場合には作成した記事でユーザーを納得させる文章力が必要になるのです。

                但し、ユーザーが納得して導線を辿っていくには、それなりの工程が必要です。
                いきなり最終目的地へナビするような文章は強引であり、押し売り的なイメージを持ってしまう可能性があります。

                ごく自然な流れで、更に訪問ユーザーが楽しみながらサイト内を回遊できる記事作成を心掛けましょう。

                『優れたストーリーで購買意欲を高める』
                『説得力ある記事を作る5つの技術』
                このエントリーをはてなブックマークに追加

                category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

                thread: アフリエイト初心者

                janre: アフィリエイト

                tb: --   cm: 0

                グーグルアドセンスがなぜ稼げるのか  

                  このエントリーをはてなブックマークに追加
                  グーグルアドセンスって何?

                  グーグルアドセンスとは私達が検索などでよく利用する世界的企業のgoogleが提供するアフィリエイトサービスです。
                  コンテンツマッチ型のASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)で、ページの内容やサイト訪問者に合わせて自動で広告を表示してくれるところが最大の特徴となり、サイト訪問者が広告をクリックすることでアフィリエイターに対し報酬が発生します。


                  利用方法はグーグルアカウントを取得してアドセンス利用の申し込み後、審査が通過すればサイトやブログへ掲載してお金を稼ぐ事が可能となります。

                  アフィリエイト経験のある方ならご存知の人も多いと思いますし、既にグーグルアドセンスを利用している人も多いのではないかと思います。


                  WEB上では個人のブログから企業のHPに至るまで、数多く利用されていますので「グーグルアドセンスを知らない」と言う方であっても、普段インターネットを使う方なら広告自体は殆どの方が目にしているはずです。






                  グーグルアドセンスの人気の理由は?

                  人気の最大の理由は、他のコンテンツマッチ型のASPと比較して報酬単価が高いと言う点です。

                  サイト訪問者が広告をクリックすることで、アフィリエイターに対する報酬が発生するわけですが、高いものでは1クリック100円以上の広告も過去にはありました。

                  現在は報酬単価が30円前後の広告が殆どですが、それでも他のコンテンツマッチ型ASPは高いものでも1クリック10円程度なので、比較すると格段に高いと言えます。

                  アクセス数の多いサイトを構築できれば、私達のような個人でも月数十万円程度を安定的に稼ぐ事が可能になってきます。

                  また、一般的なアフィリエイト広告と違い、商品のレビュー記事を作成したり、広告で掲載される商品の購入や登録などを促す記事を作成したりする手間は必要ありません。
                  広告を掲載して放置しているだけで稼げるという点も、多くのアフィリエイターが利用している理由の一つと言えるでしょう。






                  グーグルアドセンス利用の為の審査

                  他のコンテンツマッチ型ASPと比べ、利用の為の審査が厳しいのもグーグルアドセンスの特徴です。

                  ・暴力・差別表現、誹謗中傷がある
                  ・アダルト、ギャンブルコンテンツがある
                  ・武器、アルコール、タバコ、薬などを販売している
                  ・法律に違反している
                  ・広告クリックを誘発、細工している


                  以上のような規約があるわけですが、私のようにポイントサイトを紹介しているサイトも規約違反の対象となります。

                  したがって、今回の記事でグーグルアドセンスの魅力をお伝えしていますが、当サイトで実践例をお見せすることは残念ながらできないのです。

                  審査に通過したとしても、その後何らかの規約違反が発生すると即アカウントが無効になってしまいますので、円滑に運営していく為にも十分な事前チェックが必要となります。






                  グーグルアドセンスに代わるコンテンツマッチ型ASP

                  残念ながらグーグルアドセンスと同等のレベルで稼げるコンテンツマッチ型ASPは、今のところ現れていないのが現状です。

                  したがって、しっかり審査を通過できるのであれば報酬が高いグーグルアドセンスを利用した方が絶対に得策です。


                  しかし、当サイトのように「何らかの理由で審査が通らない」、或は「審査通過後にアカウントが無効になってしまった」と言うような方も少なからずいるでしょう。

                  そんな方へお勧めなのが、忍者AdMaxです。

                  忍者AdMaxの報酬単価はグーグルアドセンスよりも低いですが、基本的に審査は不要ですので誰でも利用することができます。(但し、規約違反があればやはりアカウント無効になりますので注意しましょう)

                  また、クリック報酬だけではなく、広告が表示されただけでも報酬が発生するシステムもありますので、サイト運営初心者、アフィリエイト初心者の方にも利用しやすいのではないかと思います。


                  忍者AdMax




                  --------------------------------------------------------------------------------


                  以上、『グーグルアドセンスがなぜ稼げるのか』を紹介しました。

                  コンテンツマッチ型ASPの利用で稼ぐには、前提として人気ブログ・人気サイトが必要となります。
                  先ずはアクセス数を増やせるような良質の記事作成に集中し、多くのユーザーが訪問するWEBサイトを育て上げましょう。
                  このエントリーをはてなブックマークに追加

                  category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

                  thread: アフリエイト初心者

                  janre: アフィリエイト

                  tb: --   cm: 0

                  商品知識のない広告でアフィリエイトは稼げるか?  

                    このエントリーをはてなブックマークに追加
                    知識が豊富なほどレビューのクオリティーは高くなる

                    アフィリエイトは大まかに分類すると3つに分かれます。

                    ・物販アフィリエイト

                    ・情報商材アフィリエイト

                    ・AdSense(アドセンス)


                    ※アフィリエイトの種類は『Lv16 アフィリエイトで稼ぐ方法』で詳細を説明しています。

                    上記3つの内、AdSenseは閲覧者に応じて自動的に広告を表示をするコンテンツマッチ型のアフィリエイト手法となるので、基本的に商品知識は必要としません。

                    しかし、残る2つについては選択する広告によって難易度に違いはあるものの、サイト閲覧者に対して商品を魅力的に見せることが必要となる為、商品知識がなければレビューなどの作成は困難になってしまいます。

                    つまり、広告として掲載する商品の購入や登録など、利用経験が必要となるのです。


                    物販アフィリエイトも情報商材アフィリエイトも、ブログなどのWEBサイトへバナー広告やテキスト広告を貼っただけでは、成果に繋げることは困難です。

                    詳細なレビュー記事や魅力的なコピーライティング技術があって初めてサイト閲覧者は興味を示します。

                    また、高額な商品になるほど記事作成に高い技術が求められ、関連する複数のページを作成し、計算された導線作りが必要となる事も少なくありません。

                    紹介する広告について他のサイトよりも詳細なレビュー記事を作成するには、形ある商品であれば自分の手に取って利用経験を書くことが最も説得力がありますし、情報系の商品であれば入手した者でなければわからない細部に至る感想や解説を書くことが一番です。

                    したがって、アフィリエイトで紹介する広告は、実際の利用経験に基づいた詳細な商品知識を有しているアフィリエイターほど、稼げる可能性は高いと言えるのです。






                    無料で利用経験が得られる商品を探す

                    アフィリエイトで掲載できる広告には、エンドユーザーが無料で利用しても私達アフィリエイターに報酬が発生するものもあります。

                    ・無料メルマガ登録

                    ・無料資料請求

                    ・無料会員登録


                    などがその類になるわけですが、このような広告は有料の商品と比べ報酬単価は低く設定されているのが一般的です。

                    しかしながら、私達アフィリエイター自ら利用しても勿論無料なわけですから、手っ取り早く利用経験をレビュー記事にすることができますし、例え単価が低くとも様々な広告のレビューページを数多く作成すれば、高額報酬の広告に負けないくらいの収入を得ることも可能です。

                    また、少し裏ワザ的な発想になるかもしれませんが、商品の中には無料期間を設けているものもあります。
                    有料になる前に返品、或は解約して利用経験を得ることもできるのです。
                    (但し、無料版と有料版では商品内容の異なるものもありますので注意が必要です)






                    他人の利用経験を参考にレビューを作る

                    物販アフィリエイトの場合、商品のジャンルや種類がかなり豊富です。

                    例えば、ファッション系のアフィリエイトサイトで稼ごうとした場合、サイト運営が長いほど掲載する全ての広告の商品を購入することは困難です。

                    このような時には、ネット上で他の利用者の口コミを参考にレビュー記事を作成することも有効な手段の一つです。

                    直接の利用経験がなくとも、口コミから受ける感想や、商品画像(例えばモデルの着こなしなど)から受ける感想などを記事にしていくのです。

                    また、他の商品と比較した感想などを記事にすることも効果的です。
                    比較対象に時折利用経験のある商品を組み入れることで、よりリアリティーが増すと思います。






                    情報商材アフィリエイトは利用経験が必要不可欠

                    情報商材アフィリエイトで扱う広告の商品は、殆ど有料ですし高額な商品も少なくありません。

                    情報商材は文字通り、何らかの有益な情報であって形あるものではありません。

                    しかし、購入者にとって本当に有益か否かは判断し難くなります。

                    それが値の張る高価な商品となれば、よほど信頼のおけるレビュー記事を作成しなければ購入を決断してもらうことは難しいでしょう。

                    したがって、他のアフィリエイト以上にハードルの高いと言われる情報商材アフィリエイトでは、自身で購入し利用経験を得ることは必要不可欠と言えます。

                    また、殆どの情報商材アフィリエイターは購入時に何らかの特典を付けたり、購入後に購入者へのサポートを付加したりしています。

                    このような点からも、利用経験がなく見様見真似で情報商材のアフィリエイト広告を掲載することは、半ば無謀と言えるかもしれません。






                    ポイントサイトアフィリエイトで稼ぐ

                    ポイントサイトと聞いて、一見アフィリエイトとは無関係のように思えるかもしれませんが、ダウン(友達紹介)を獲得する為のバナー広告やテキスト広告への誘導はアフィリエイトそのものです。

                    ポイントサイトで月数十万円単位の安定した不労所得を稼ぐには、数千人規模のダウンライン構築が必要となります。

                    数千人規模と聞いて途方もない数のように考える方もいるかもしれませんが、しっかりとアフィリエイトで稼ぐノウハウを身に付ければ、短期間に数千人規模のダウンラインへ拡大することは難しいことではありません。

                    更に利用経験と言う点で、ポイントサイトへの登録は無料ですしサービスの利用も無料のものがとても多くなっています。

                    つまり、レビュー記事の作成へ手っ取り早く利用経験を組み込むことが可能なのです。

                    先ずは、稼ぎやすいポイントサイトをピックアップして情報提供できるような実践経験が必要です。

                    恐らく、最もリスクなく簡単にチャレンジでき、短期間でノウハウを習得できる方法だと思います。

                    ※関連記事
                    『Lv18 もう一つの稼げるアフィリエイト』
                    『半年で友達紹介1000人獲得する方法』


                    --------------------------------------------------------------------------------


                    以上、『商品知識のない広告でアフィリエイトは稼げるか?』を紹介しました。

                    必ずしも利用経験は必要なくとも、様々な手段を使い商品知識を高めることは絶対に必要です。
                    アフィリエイトは運営するWEBサイトの情報量の多さと、質の高さが求められます。
                    この2つを満たすには、豊富な商品知識は欠かせないのです。
                    このエントリーをはてなブックマークに追加

                    category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

                    thread: アフリエイト初心者

                    janre: アフィリエイト

                    tb: --   cm: 0

                    承認率でわかるアフィリエイト広告の選び方  

                      このエントリーをはてなブックマークに追加
                      承認率の検証から今後の対策を立案する

                      私達アフィリエイターの多くは、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)へ登録し、ASPが提携している広告主を選択してWEBサイトなどへ掲載します。

                      掲載する広告の状況はASP内の売上レポートを確認すれば、PV数や広告のクリック数、そして成果の発生件数など詳細がわかります。

                      但し、成果については未確定と確定の状態の2種類があり、先ずは未確定の状況でレポート報告され、広告主の条件を全てクリアすれば確定として承認され、クリアできなければ非承認となりキャンセル扱いとなります。

                      当然ながら、キャンセルとなったものには一切の報酬が発生しないわけですが、承認率の高い広告と低い広告にはそれぞれ幾つかの特徴があります。

                      報酬額の違いなどもありますので、一概に承認率の高低だけで広告の良し悪しは判断できませんが、少なくともアフィリエイト初心者には極力承認率が高い広告を選択することが、成功への近道と言えます。

                      しかしながら、各ASPのレポートでは未確定・確定・キャンセルのアフィリエイト成果状況は個別にわかるものの、丁寧に広告別の承認率・キャンセル率を提示してくれるASPレポートは殆どありません。(A8.net(エーハチ・ネット)は最上級ランクのアフィリエイターのみ承認率が確認できるようになっています)

                      したがって、掲載広告の成果状況(未確定数、確定数、キャンセル数)を常に自分で算出し把握していることは、私達アフィリエイターにとって重要な事であり、数値を分析して今後の対策を立案していくことが常に求められるのです。






                      キャンセルとなる原因を探る

                      キャンセルとなる理由は広告主やASPで取り決めた条件がネックとなる事が多いわけですが、場合によっては私達アフィリエイター側に問題がある場合もあります。

                      承認率の低い商品・キャンセル率の高い商品で考えられることは大きく分けて3つです。





                      1、承認までの条件が厳しい、若しくはユーザーにとって面倒

                      成果確定までの条件となるハードルが高い商品は少なくありません。
                      但し、商品に強い関心がない人ほど条件が厳しいとか面倒と感じやすいのも事実です。
                      アフィリエイター自身が事前に条件をしっかり確認し、ユーザーの興味を喚起しながらアクションを起こしてもらえるような、丁寧なナビゲーションを心掛けましょう。
                      条件のハードルが高い商品ほどアフィリエイト報酬も高い傾向にありますので、単純に報酬だけに目がくらんで広告掲載するのではなく、現時点で自分のアフィリエイターとしてのスキルに見合った商品であるか否かを客観的に判断することも大切です。





                      2、いい加減でやる気のない広告主は選択しない

                      これはキャンセルと言うよりは、承認率の低さへ大きく影響してきます。
                      アフィリエイト成果状況がいつまでたっても未確定のまま変化がない時には、広告主のやる気のなさが考えられる大きな要因の一つです。
                      このような場合には、登録しているASPへ直接問い合わせしてみると良いでしょう。
                      また、あまりにも不自然なキャンセルが多い場合なども同様に、問合せしてみることをお勧めします。
                      (広告主へ直接問合せすることは禁止されていますので注意して下さい)





                      3、条件クリアまでのナビゲーションが粗末

                      「1、承認までの条件が厳しい、若しくはユーザーにとって面倒」の内容と一部重複しますが、ブログなどへ訪問してくれたユーザが興味を示し、どのように購入・契約・登録などをすれば良いのか丁寧にナビゲーションすることは、アフィリエイトの成果アップへ大きく貢献します。
                      特に購入や契約についてはその行為が完了すれば確定報酬として承認されるものが殆どですが、何らかの登録でアフィリエイト成果に繋がるものは、登録後の条件提示されている広告が少なくありません。
                      無料登録できる広告であれば、実際に自分自身で経験してからナビゲーションすると良いでしょう。






                      広告掲載時期が承認率に及ぼす影響とは

                      成果確定までの承認条件殆どに当てはまるのが、「初回購入・初回契約・初回登録のみ承認」と言う内容です。
                      つまり、私達が掲載する広告からアクションを起こしても、同一商品に対しユーザーが2回目の購入、複数の契約、複数の登録であった場合には報酬が発生しないわけです。

                      例えば、紹介する商品が人気商品であっても、既に長期間人気を継続している商品であればリピーターが購入する確率は高まります。逆に新商品で人気急上昇の広告などは新規顧客が付きやすいわけです。

                      但し、常に新商品だけを扱ってアフィリエイトをすることは大変ですし、稼ぎやすいわけでもありません。
                      しっかりと、広告掲載の時期を考慮し、新規顧客を引き込めるようなキーワード選択が大切になってくるのです。

                      特にリピーター顧客に注意すべき商品は消耗品です。
                      化粧品やサプリメント、健康食品などの商品広告を掲載する場合には、注意や工夫が必要でしょう。


                      --------------------------------------------------------------------------------


                      以上、『承認率でわかるアフィリエイト広告の選び方』を紹介しました。

                      今後のアフィリエイト広告を選ぶ際に参考にしてみて下さい。
                      このエントリーをはてなブックマークに追加

                      category: アフィリエイトの稼ぎ方まとめ

                      thread: アフリエイト初心者

                      janre: アフィリエイト

                      tb: --   cm: 0

                      カウンター

                      プロフィール

                      カテゴリ

                      最新コメント

                      月別アーカイブ

                      最新記事

                      ▲ Pagetop